• 古屋千優

「自分の殻を破る」(古屋千優)

皆さんこんにちは〜

新歓ブログも残すところあと3人です、、


今回ブログを書いてくれたのは、新3年トリッカーの古屋千優です😎

新歓副隊長の思いを是非、ご覧ください♨️

 

新入生のみなさんご卒業・ご入学おめでとうございます

本年度新歓副隊長を務めています、新3年の古屋千優です!もうすぐ始まる大学生活に期待しながらも、それと同じくらい不安なことがたくさんあると思います。このブログがみなさんの参考になれば嬉しいです!私がこの部活に入った理由は「自分の殻を破りたかった」からです。


(写真中央、新3年古屋)


高校時代、私は文化部に所属していました。のほほんとした生活をしていたので、大学では何か1つのことに打ち込みたい!と思っていました。そんな時たまたま水上スキー部の存在を知りました。シンプルにカッコいい!楽しそう!と感じ、試乗会に参加することに決めました。しかし私は運動神経が全然ないので本当に心配でした。50m走は9秒台ギリギリだし、泳ぎも早くないです。そんな私でも水上を滑ることができて、本当に楽しかったことを覚えています。


この競技をこれからやってみたい!と一気に高まる一方、「運動部出身の部員が多い中で、自分のような運動神経の悪い人が入っては迷惑をかけてしまうのではないか?」と不安も湧き上がってきました。しかし先輩方が「仲間が増えることは本当に嬉しいし、やってみなきゃわからない!私たちがたくさん教えるから大丈夫だよ!」と背中を押してくれました。

中高時代の自分の殻を破って、4年間頑張ってみよう!と決意し入部しました。そんな中、水上スキー部で得たものは「努力すること」です。


(写真左から2番目、新3年古屋)


努力して当たり前じゃないかと思う人もいると思います。しかし、どう上手くなりたいのか考えて練習して毎日努力する、ということは、ゆるく生活してきた私にとって未知の体験でした。またこれは、仲間の存在なしにはできないと思っています。共に笑い、励まし合い、時には泣き、時には言い合うこともあります。楽しむ時はしっかり楽しみ、やるときはやる。そんな仲間と努力を重ねる日々は本当に充実しています。入部当初は自信のなかった競技も、努力を続けていくうちに上達してきていることが本当に嬉しいです。「運動に自信がないから、体育会は無理だな〜」なんて思っている人こそ、ぜひ水上スキー部に体験にきて欲しいです!!!今までにはなかった世界がきっと開けると思います。


そして、立教大学には素敵な団体がたくさんあります。たくさんの団体を見に行って、体験して、悩んでください!自由な4年間の大学生活の過ごし方を決める、大事な決断です。

一緒に4年間日本一を目指す仲間になってくれるあなたを、心からお待ちしています!!


 

最後の学生生活、何事も怖がらず、まずはチャレンジしてみて下さい!

必ず、何か収穫があると思います!


次回は新2年トリッカーの山口です。

お楽しみに♨️

閲覧数:476回0件のコメント

最新記事

すべて表示