• 佐々木愛梨

『もし変われたら』(新2年 佐々木愛梨)

更新日:3月10日

みなさんこんにちは!!本日もブログの更新をして行きます‼️

本日ブログを執筆してくれた部員は新2年トリッカーの佐々木愛梨です!!彼女もまたマネージャーからプレイヤーに転向した一人です!彼女がどんな思いでプレイヤーに転向したのかを語ってくれています!!!

是非ご覧ください❗️🤩🤩


 

こんにちは!新2年の佐々木愛梨です。

今回は私の入部理由と、部活への思いについて話します。言葉にするのが苦手なので伝わりづらいかもしれないけど、最後まで読んで欲しいです、!


去年の今頃は、学部も決まって一番楽しい時期で、毎日毎日遊ぶことばかり考えてたなぁと思い出しました。私は正直部活に入るつもりはあまり無くて、サークルで楽しく過ごそうかな〜と、本当になんとなく考えているだけでした。

その何となくの気持ちのまま4月になって、サークルを選び始めていた時、急に自分が不安になり「本当に大学4年間何もしなくていいの?」と自問自答の日々でした。何か部活をやろうかとも思いましたが、高校は週1しか活動のない料理研究部だったし「どうせわたしには無理だ」と、心のどこかで逃げていました、。


※ 写真1枚目:インカレでの同期との1枚 真ん中


でも先輩とご飯に行った時に、試乗会来てみたら?と勧誘をして頂けて、こんな私を誘ってくれた事が嬉しく感じました。それと同時に、何もしてこなかった自分から少しでも変わりたいと思ったこと、陸の競技が絶望的にできない為、部活に入るならここしかないと思ったこともあり、入部を決めました。

と言っても私は最初マネージャーとして入部しました。いきなりプレーヤーとして体育会に入る自信もなく、自分には出来るわけないと思っていたからです。でもマネージャーとして過ごした数ヶ月の中で、また心のどこかで逃げている自分に気がつきました。マネージャーとしてのやり甲斐も沢山あったのですが、自分が本当にやりたい事は何だろうか、と改めて自分に向き合ってみて、プレーヤーになろうと決断しました。


そもそも何もしてこなかった人間なので体育会は辛いこともあります。運動神経も良くないし、人としてきちんとしてないので「向いてないかな?」と思うことだらけです。でも逃げないでこの部活に入っていられるのは、こんな私を支えて励まして、成長を喜んでくれる大好きな同期がいて、優しくしてくれる先輩がいて、人に頼ってばかりだけどそれを受け入れてくれるみんなのおかげです。

そんな仲間に出会わせてくれて、変わりたいと思うきっかけをくれたこの部活は私にとって、貢献したい、力になりたいと思わせてくれる大切なモノです。


※ 写真2枚目:インカレ時同期女子での1枚 一番右


運動神経が良くない子でも、これまで何もしてこなかった子でも、ちょっとでもほんとにちょこっとでも、水上スキー部に興味があったら連絡下さい☺️絶対に後悔させません!

みんなと会えるのを心から楽しみにしてます!!


 

いつもはニコニコして周りを笑わせてくれている彼女ですが、いろいろな思いがありプレイヤーに転向してことがとても強く伝わりましたね‼️

彼女の様な最初はマネージャーをしてプレイヤーに転向する部員を多いです!

マネージャーも、プレイヤーも当部活は募集しております‼️是非一緒に日本一を目指しましょう❤️‍🔥

閲覧数:781回0件のコメント