top of page
  • shuhookamura

『イイ男』の方程式 (新3年 平野亜門)

みなさんこんにちは!受験生のみなさんは共通テストという壁を乗り越え、一息ついている時期ではないでしょうか。我々大学生は一月下旬に行われる期末テストに向けて、勉強を頑張っている真っ最中です。みなさんももう一段階ギアを上げて一緒に勉強を頑張りましょう!さて、今日は五回目のブログ更新です。今回は新3年トリッカーの平野亜門さんが熱い思いを伝えてくれました。それではどうぞ!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


新入生の皆さん、こんにちは!!

水上スキー部3年の平野亜門です。 3年生のブログのテーマは「この部で得たもの」と「一年間の思い出」なので、私もそれに則って書き散らかしていきたいと思います。タイトルを見て「ファッション雑誌のサブタイトルかよ」と思った男性諸君、ファッション雑誌のコラムのように気楽な感じで最後まで読んでくれ。「女の私には関係ないわ」と思ったお嬢さん方、女性にも有益な話を書いたつもりなのでどうかブラウザバックしないで。お願いします。



一つ目は「貫くこと」です。これは、自分の意思を貫く、決めたことを最後までやり遂げるというような意味です。これは文句なしにイイ男ですよね。自分の軸をしっかり持ち周りに流されないというのも、途中で挫折することなく強い意志で物事をやりきるというのもカッコイイ男の条件です。私は去年、インカレ優勝に向けて努力し続けるかっこいい先輩たちの姿を間近で見ていました。水上スキーは自分に厳しく、努力し続けないと優勝することはできません。もちろん最後は自分自身の堅い意思が必要ですが、この部には努力するに足る目標、ストイックに競技に向き合える環境、そして、折れそうな時にも支えてくれる仲間がいます。私はそんな素晴らしい環境の中で、日々自分の意思がカチカチに堅くなっているのを実感しています。

二つ目は「楽しむこと」です。そもそも水上スキーはとても楽しいです。楽しすぎて四六時中水上スキーのことを考えてしまいます。 しかし、勝ちを求めていくと辛いことや苦しいことも沢山あります。私は思うように結果が出ず、苛立ちと焦りで水上スキーが嫌いになりそうな時期もありました。しかし、「好きこそ物の上手なれ」という言葉があるように、楽しむことこそが上達の秘訣なのです。その事に気づいてから、私は何事も楽しんでやることにしました。どんなに高い壁や困難があっても、それを楽しみながら越えることができる。それってめちゃくちゃかっこよくないですか?みんながやりたがらないことでも、誰か一人でも楽しんでやれるやつがいたらチームの雰囲気は良くなります。私はそんなある意味ムードメーカー的存在でいたいと思っています。

三つ目は「誠実であること」です。これは人に対しても勿論そうですし、競技に対してもです。水上スキーと真摯に向き合って、仲間やライバルにリスペクトをもって接することは、イイ男において必要不可欠な要素と言えます。私調べでも、女性のほとんどが「誠実な男性に魅力を感じる」と答えています。そうですよね?女性の皆さん。つまり、誠実な男性が覇権を握る時代なのです。不誠実、ダメ、絶対。この部活において、水上スキーと最も誠実に向き合っているのは、他ならぬ新歓隊長、飯田響太君でしょう。彼はとても真摯に水上スキーと向き合っており、水上スキーと付き合っていると言っても過言ではありません。もう少し女性にもその誠実さを向けられれば、きっと生粋のジェントルマンになれることでしょう。


※写真2枚目:合宿中の3男トリッカーの様子(写真右)


ここまで話してきた通り、水上スキー部にはイイ男になるための環境がしっかりと整っています。つまり、この部活にはイイ男がたくさんいるということなんですね!イケメンかどうか?そんなこたぁどうでもいいんです。

男に生まれたからには、やはりイイ男になりたいというのが男心。社会人になる前の「自分磨き」の猶予として与えられたこの4年間、外見を磨いたり、勉強して知性を磨くのも大いに結構。ですが、一番大切なのは人として深みのある男になるための「内面の自分磨き」ではないでしょうか?水上スキー部はそんなイイ男候補生を待っています。

また、女性の皆さん。ここまで男の話ばっかりで本当にごめんなさい。ですが、女性にも通ずる部分は沢山あったと思います。人間として更なる進化を遂げるためにもこの部活に入ることを強くおすすめします。そして先輩たちは女性部員の入部を強く望んでいます。是非一度遊びに来てみてください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


平野さんの考える「イイ男」の方程式、とてもアツかったですね。自分磨きの猶予として与えられた大学4年間を私たちと一緒に水上スキーに捧げて、共に日本一の景色を見てみませんか?


閲覧数:82回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page