top of page
  • 執筆者の写真KOSEI TAKAGI

『逃げるは恥だが』(新2年 黒田慧介)

皆さんこんにちは!新歓ブログ更新していきます!今回は新2年ジャンパーの黒田選手です。水上スキー部に入部するという彼の選択についてタイトルに込められた想いに注目して是非ご覧ください!

 

みなさん初めまして!水上スキー部新2年の黒田慧介です。今回は僕がこの部に入るまでの経緯と部での1年を話そうと思います。


僕は幼い頃からずっとラグビー一筋のラガーマンでした。中学時代はキャプテンをやらせていただくなど、自分で言うのも恥ずかしいですが華々しいラグビー人生を送っていました。ただ、高校に入ってからは自分の思うようなプレーが出来なくなっていました。中学時代からの実績からか周りの期待がすごく、日に日にそのプレッシャーと上手くいかぬ現実とのギャップに苦しむようになりました。高校3年生になると大好きだったラグビーをしていても辛く、プレッシャーから逃げるように堕落していき、いつからかラグビーは自分の足枷になっていました。そんな心持ちのまま大学に入学。そんな時に出会ったのがこの水上スキー部でした。部の雰囲気が良く、大学から始められるスポーツだった為、ラグビーからの逃げ場を探す自分にとっては良い「隠れ家」だと感じ入部しました。


入部してからも高校時代についた堕落癖からか、練習にもあまり参加せず自分のやりたいことだけをやっていました。そんな僕に訪れた大きな転機が夏合宿、そしてインカレです。夏合宿では、チームの勝利のために貪欲に自分に向き合う先輩達。そして先輩達はインカレで男子4連覇という最高の結果を出しました。「こんなカッコいい人になりたい!」と本気で思い、今回はどんな時でもこの競技に向き合おうと思いました。


※写真一枚目 インカレでの一枚(写真右)



その後練習中に怪我をしてしまい、新人戦や都大会といった自分の同期達が活躍してる大会を指を咥えてみてるだけといった少し悲しい秋シーズンでしたが、同期が折れそうな僕を支えてくれました。後ろ向きな理由で入部した僕は最高な環境、同期に恵まれて前を向くことができました。今は自分を支えてくれた最高の同期、先輩達と共に今度は僕もチームの日本一の為に微力を尽くしています。そして願わくば僕を支えてくれた同期達に僕自身で恩返しができればなと思っています。


※写真二枚目 同期との一枚(写真右から二番目)


「逃げるは恥だが役にたつ」ではないですけど、どんなマイナスな理由で入部したとしても、この水上スキー部なら必ず前を向かせてくれます。

新入生のみなさん!生涯の出会いがこの部には必ずあります。4月に皆さんに迎える良い出会いに立ち会いたいと思うので是非試乗会に参加してくださいねお待ちしてます!


 

最後までお読みいただきありがとうございました。逃げと思われる行動が大きな意味を持つことが分かりましたね。水上スキー部ではどのような理由であれ興味をもってくれた新入生をお待ちしています!

閲覧数:193回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page