• 足利胡桃

『スーパーマン』(新3年 足利胡桃) 

更新日:3月3日

みなさん、こんにちは!本日もブログ更新です!

今回のブログは、新3年スラローマーの足利胡桃選手です!彼女はもともとマネージャーでしたが、現在では選手として活躍しています。そんな彼女のブログのタイトルは「スーパーマン」です。✊ スーパーマン??ってなんでしょうか。ぜひ読んでみてください。


 

新入生のみなさんはじめまして、新3年スラロームの足利胡桃です。

大学生活何していこうかなーと悩み水上スキー部ってどんな部活なの?と、このブログを開いてくださった方本当にありがとうございます。最後まで読んで頂けたら嬉しいです!!


まず題名なんなの、と思いましたよね。

「スーパーマン」これは私が毎日心の中で唱えている暗示です。私はスーパーマンです。実際文章にしてみると恥ずかしいですね、、。


 実は私、元々マネージャーとして水上スキー部に入部していて、2年生の夏からプレーヤーに転向しました。プレーヤーになった当初は眠れないくらい毎日が不安でいっぱいでしたが、部活をやっていて思うのは、人と比べるより自分と向き合う時間を作ることがいかに大切であるかということです。自分のプレーを研究し目標を立て達成していく日々を過ごすうちに、私にはまだまだ無限な可能性がある!と自分を信じられるようになりました。また、先輩方の姿をみていると、自分のポテンシャルに諦めず最後まで努力し続け成長していくことで、強い人間になっていくのだと感じます。大学生になると自分の能力ってこのくらいまでだろうと悟り始めますよね。私もその一人でした。しかし、水上スキー部には、自分を無限に成長させていける環境が整っています。どんな時でも最後まで自分だけは自分の可能性を信じて努力すれば、誰でも強い人間、スーパーマンになれるそんな場所があります。


※ 写真1枚目:インカレでの同期女子との一枚 写真右から3番目


私は中高時代水泳部だったため、正直水上スキーも水泳と同じく、1人でプレーをしていく個人競技の部活なのかなと思っていました。しかし、水上スキーはボートを運転する人、一緒に乗って教える人、動画を撮る人といった多くの人たちがいるからこそ成り立つスポーツだなと日々実感しています。普段の練習から合宿中まで様々な場面で、仲間と支え合ってプレーする楽しさというものを感じられると思います。仲が深まる!といったありきたりな言葉では表せないくらい、本当に素敵な人間関係が築けます。


まだまだ語りたい水上スキー部の魅力はたくさんありますが、私がお伝えしたいことは、水上スキー部には、誰でも強い人間になれる環境と一生の友達と過ごせる居場所があるよということです!マイナーなスポーツが故、あまり知られていない部活ですが、日本一連覇中の立教一熱くて輝いている部活だと思います。数々のサークルやコミュニティにいたからこそ確証して言えますが、水上スキー部にいれば、大学生活充実したものになり4年間楽しめること間違いないです!


※ 写真2枚目:練習後の片付けでの一枚 写真右側


最後まで読んで下さりありがとうございます。絶対日本一になるという熱い思いを胸に秘めた部員たちがみなさんをお待ちしております。ぜひ一度新歓ブースを覗きに来てみてください!!


 

「スーパーマン」!!こういうことだったんですね!普段は天然な彼女からは意外ないいお話でした!笑 彼女がこのチームの「スーパーマン」になる日は近いかもしれません。彼女の成長ストーリーを新入生の皆様にも一緒に見届けてもらいたいですね!☺️


一緒に日本一とりましょう!入部お待ちしています!

閲覧数:275回0件のコメント