top of page
  • 執筆者の写真YU NAGATOMO

『ひねくれ者のあなたへ』(新3年 岡村修朋)

初めまして。水上スキー部新三年の岡村修朋です。

この部で得たものというと大層なもののように感じます。自分にはまだそのようなものは語れる気がしません。しかし、入部してからの二年間を思い返してみると非常に濃い時間を過ごしてきたなとは思います。日本中を移動したり、海外で一ヶ月も合宿したり、中高の友人に話すと驚かれるような生活を送っています。言ってしまえば非日常の連続です。非日常という点でいうと試合もそのうちの一つです。試合には緊張が伴います。心臓が出てきそうになるようなあの独特な感覚。緊張は嫌いですが、東京で過ごしているだけでは感じられない特別な感情でもあります。人生における体感時間の折り返しは18歳であるという話がありますが、このような特別な時間を味わっている自分の折り返し地点はもう少し先にあるのではないかと思います。

水上スキーはマイナーな競技です。そのマイナーさ故に完璧な指導方法が存在しません。自分には何が足りないのかを考えて、仮説を立てて実際に試してみる。失敗すれば、また新しい視点から考え直してリトライする。明確な答えが無い中で試行を繰り返して成長していくという他のスポーツにはなかなか無い面白さがあります。

そんなちょっと変な競技を通して日常では味わえない特別な時間を過ごしたいひねくれ者のあなたを待っています。一緒に戦いましょう。


閲覧数:124回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Σχόλια


bottom of page